読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 こどまどブログ

気仙沼市で活動する子どもの居場所「こどまど」のブログ

【こどまど】黒板作っちゃった。

いつも来てくれる子どもとお母さんが黒板を作ってくれました。

 

以前、お母さんの発案で「柵の手前に黒板があったら良いよねー!」と話していたのをきっかけにして、作っちゃおう!ということで早速ホームセンターで買い出ししてきました。

 

こどまどは、なるべく地域で関わってくれる方々とゆっくりと一緒に作りたいと思うんです。

 

f:id:playworkers:20170504154906j:image

 

近くのお母さんやこどもとゆっくりゆっくり。

 

f:id:playworkers:20170504160157j:image

 

 

色々と作ってしまうことはとても簡単です。

でも、それでは目的から大きく逸れてしまうんですよね。

 

 

f:id:playworkers:20170504160137j:image

 

イベントではなくて、何月何日にみんなとやろう!、でもなくて、本当にいつも来てくれる人たちと

 

その日に話し合ったり

 

その日に動いてみたり

 

その日に失敗してみたり

 

f:id:playworkers:20170504163154j:image

 

そんな時間をゆっくり積み重ねたいんですよね。

 

 

そうやってようやく地域に溶け込んでいくのではと。

 

「こどまどに行けば大丈夫」にしたくないのです。子どもの居場所は地域そのものの筈です。だから、子どもの居場所は地域の人たちと一緒に作るから「地域のもの」になっていくんだと思います。

 

なかなか物が揃わなかったり

 

なかなかすぐには出来なかったり

 

なかなか不便だったりするのですが

 

それがとても楽しいんですよね。

 

この楽しさを知ったら、よくある子どもや親受けの人数集め企画の連続で「居場所づくり」なんて言えませんね。

 

忙しくて、やっている人たちの自己優越感に浸りたい時間の消化をさせるイベントではなく、人と人との積み重ねをしたいものです。

 

それこそが、僕たちが大切にしているプレイワークの1つの考え方なのです。

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

一般社団法人プレーワーカーズ 

〇物資支援・ご寄付のお願い
子どもを取り巻く課題解決のため、ご支援のほど宜しくお願い致します。
http://playworkers.org/donation

〇「こどまど」のブログはこちら↓
http://kodomado.hatenablog.com/

〇プレーカー・プレーワーカーを呼びたい方、
講演・研修・遊び場づくりなど、その他ご相談はこちらへご連絡ください。
info@playworkers.org

〇HPはこちら↓
http://playworkers.org

〇その他活動の様子が見られる、ブログ「アソビのタネ」はこちら↓
http://playworkers.hateblo.jp

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※